▶オオベニゴウカン

オオベニゴウカン

八重山ではいまの時期、きれいなお花がいっぱい咲いています。

ハイビスカスやブーゲンビリアなどは年中見られますが、いましか見られないお花もたくさんあります。


いま花盛りの植物はいろいろあるのですが、今年、なんとなく目がいったのはこの”オオベニゴウカン”というお花です。

去年までは全然気にして見ていなかったのに、一度たくさん咲いているのを見かけたら、

あれー、ここにも、あっちにも咲いてる!と案外島のあちこちにあることに気がつきました。

オオベニゴウカン

調べてみたら、12月〜3月くらいが花期のようで、どうしていままで目に入らなかったのかなあって思いました。

オオベニゴウカンは、こちらでは”アカバナブラシマメ”と呼ばれているようです。

マメ科の植物で、たわしみたいなワシャッとした真っ赤な花を咲かせているので、見たまんまのネーミングですね。

たくさん咲いているのを遠くからみたら、赤い水玉模様みたいで、ユニークでかわいいです。

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    つつい (水曜日, 24 3月 2010 15:15)

    そうなんですか~~~!!
    知りませんでした。
    この前、本島にも咲いていて、ブラシの木の一種だなぁ・・・って思ってたんです。
    また違うんですね・・・
    確かにブラシの木はわさわさした部分がもっと長いですよね(汗)
    勉強になりました!
    覚えておきます!!

  • #2

    新井写真館 (水曜日, 24 3月 2010 16:42)

    本島にもあったんですねー。
    お花、お好きなんですね^^