▶月ぬ美しゃ

宮良湾

10月に入り、石垣もそろそろ秋の風が・・なんていうことはなく、気温32度の夏日です。

それでも昨日はとぅばらーま大会も開催され、なんとなく落ち着いた季節になりました。


さきほど届いた、JALの機内誌・SKY WARD10月号の「この町の名情景」のコーナーには、

幻想的な月夜の写真とともに、八重山の月についてのお話しが綴られていました。

(ちなみにそのコーナーの写真は新井優氏のものです)

読んでたら、なんとなく、秋なのかもなあ、という気分になってきてしまいました。

宮良湾

八重山の月のお話しで印象に残っているのは、竹富島の”月ぬまぴろーま”のことです。

”まぴろーま”とは真昼のことで、満月の晩には、白砂の道の美しい竹富島では

まるで昼間のように明るく町並みが照らし出されて、美しい情景が浮かび上がるのだそうです。

 

いつかそんな夜を経験してみたいなあ、なんて密かに思う中秋の名月の晩でした。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    つつい (土曜日, 17 10月 2009 18:13)

    ご無沙汰しています。
    ステキなお写真ですね。
    本当なら、あたしもこのお写真の載った機内誌を目にしてたはず・・・と思うと悔しいです^^;
    CORALWEYもいつも頂いて帰るので、楽しみにしていたのに・・・
    次はいつかな・・・

  • #2

    新井写真館 (土曜日, 17 10月 2009 23:20)

    今回は残念でしたが、またお会いしましょうね。
    元気だしてくださいね・・