▶生まれ年

生まれ年

八重山では、生まれ年(まれどし)のお祝いというのをしばしば行います。

自分の干支に当たる年に、12年に1度、お祝いをすることです。


生年に当たる年は、きれいに着物などを着て、写真館で肖像写真を撮ったり、

同級生同士が集まって、同窓会さながらにホテルでパーティーを行ったりもします。

 

新井家でも、姉の旦那さまでもある、「日出克」が生年祝いで帰ってきていて、

同級生で集まってお祝いをしていました。

日出克は、エイサー音楽を知っている人は良くご存知かと思いますが、

生年祝い

沖縄ミュージックの先駆け的存在で、竹富島出身のミュージシャンです。

普段は沖縄本島に住んで音楽活動をしていますが、

今年は生まれ年なので、忙しいステージの合間に、ちょくちょく八重山に帰ってきます。

それくらい、この”生まれ年”というのは、八重山では大切なお祝い事のひとつとして、

日出克

地域の人々のあいだに根付いています。

ホテルでは、ステージでの演奏や、輪になってみんなでフォークダンスをしたり、

当時の学校の先生のあいさつなどもあり、集まった皆さんはすっかり学生気分に戻っているようです。

10代の頃からバンド活動をしていた日出克は、こんな時もやっぱりステージに立たされていましたが、

同級生たちと一緒に過ごして、とても楽しそうでした。

日出克

 

日出克&琉球國祭り太鼓/ミルクムナリ

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    瑞慶覧義人 (土曜日, 07 4月 2012 05:51)

    やっぱり日出克はカッコいいです、ボクも1回位は日出克さんとエイサー踊って見たいです

  • #2

    瑞慶覧義人 (土曜日, 23 6月 2012 15:20)

    日出克は動画で見てもかっこいいですね・