▶百日写真

今日は百日写真の撮影。赤ちゃんが生まれて百日目、首が座ってきた頃に撮る記念写真です。

八重山では「まんさん」という言い方をします。

この撮影の時には、カメラマンを含め、みんなで大騒ぎの撮影になります。


赤ちゃんの撮影の時、撮影されている本人は、何が起きているのかまったくわかっていません。

ですから、「ハイ、笑って〜」と言ってみても全然笑ってくれません。

だいたいおかしくもないのに笑うというのは、とっても不自然な、高度なワザ。

そう、なので、笑っている写真が撮りたい時は、赤ちゃんが面白いと思うことをするしかないのです。

今日もお父さん、お母さん、カメラマンが一丸となって赤ちゃんを笑わせにかかります。

赤ちゃんは男の子で、泣いたりはしませんでしたが、けっこうクールなかんじ。

名前を呼び、手を叩き、笑いかけ、おもちゃを鳴らしてみたり、くすぐってみたり、大声で歌をうたってみたり。

みんな超ハイテンションで騒ぎますが、赤ちゃん本人は軽くニヤリとするくらい。

むしろちょっとあきれているようにも見えます。

 

なんだかウケない芸人さんの気持ちがわかるような気がする私たちでした・・。